28歳満点宅建士が不動産会社を開業する実況中継

宅建実務試験満点の宅建士が一味違った不動産会社を起業!

大手の不動産屋に勝つには??

開業してお客さんを探していくうえで、どうしても気になってしまうのが街角の大手不動産屋さんです。家に帰ってもテレビCMで有名な女優さんが宣伝していて、正直、知名度の点で勝てる要素が一つもなさそうだと弱気になってしまいます。

 

ただ、大手の不動産屋さんだけではなく、この業界は個人や一人経営の不動産屋が多いのは統計的に表れているので、きっとお客さんは大手だから家を借りるのではなく、あくまでもいい物件だから借りるのだと自分に言い聞かせています。そういう意味で大家さんと仲良くなって仲介をさせてもらう計画はあまり悪くなさそうと思います。

 

ただこれだけではなくて、もう少しつっこんだ作戦というか商売上の狙いを考えていかないといけないかなと思います。

 

どんな世界にもアマチュアがいて、そのうちの一握りは下手なプロよりも上手だったり、その世界に詳しかったりしていることがあると思います。私はそういうプロ以上のアマチュアになってプロの人たちよりも知られるような、信頼されるような不動産屋さんになろうと考えています。

 

一つは〇◎町の1丁目の物件は全て大家と知り合いになる、というものです。その区画丸ごと登記簿を調べて、とにかく所有者の大家に会いに行って生態観察をして、何が好きで何が趣味でどういう行動をとっているのかを調べ、先回りして気があう不動産屋さんであることを演出する作戦です。演出という言葉はわるいイメージがあるかもしれませんが、営業の一環として、好きな食べ物をお土産にもっていくとか、好きな趣味の野球の話ばかりを営業のときにするとか、その程度の話です。それでも他の大手不動産屋さんよりも印象を残して、顔と電話番号を覚えてもらえればいいなと思っています。

 

もう一つはメガ大家さんといいわれる不動産をたくさん所有している方と知り合いになって、その物件のいくつかを独占させてもらう作戦です。独占といっても専属専任ではなくあくまでも一般ですが、それでも仲介させてもらえればすぐにお客さんを連れてこれるようなスピーディーな仲介屋を目指します。そのためにはお客さんとも日々交流しながら、不動産オーナーさんとの出会いを探さないといけません。マンション投資セミナーとかに顔をだして高そうな腕時計をしている人に話しかけるのがよさそうと知り合いに聞きました。

 

こうした地道な草の根活動をつづければ大手不動産屋さんにも負けないようになると思います。