28歳満点宅建士が不動産会社を開業する実況中継

宅建実務試験満点の宅建士が一味違った不動産会社を起業!

不動産ドラマ「家売るオンナ 第3話」から学ぶ三軒家万智の営業姿勢

北川景子主演の不動産ドラマ・家売るオンナから不動産業界を垣間見ようというこの企画も今回で3回目。

 

不動産を売買する1つのやり方である「現地販売」が主テーマです。

 

現地販売の特徴は、物件を積極的に見に来る客が多いので売れる確率も高いそうです。

 

現地販売の物件の売れ方

物件1:サンルームのある一戸建て:価格1.1億円

⇒冷やかしの内覧もあるもののふらっと来た客が1000万円値引きの1億円なら購入すると言い、営業マンがローン無しの現金1億円なら値引きに応じると返答。即決

 

物件2:4LDK200平米の広い外国人仕様の物件:価格9900万円

⇒バス・トイレが2組あり、買う人がいないかと思われたが、三軒家万智の機転でSNSを中心としたインターネットプロモーションが奏功し、問い合わせの電話が殺到。大家族向けというコンセプトがヒットし、結局、東北なまりの大家族が購入。

 

物件3:建て坪5坪の狭小住宅

⇒なかなか売れないものの三軒家万智の営業手腕で見事に購入客を確保。

 

 

この5坪の極小住宅を三軒家万智がどう売ったかを見ていきましょう。

 

極小住宅の顧客の見つけ方

①別件で、自宅を売却したいという歯科衛生士から電話で問い合わせ。三軒家万智は、「物件見学は今からでもいい」と言いすぐ現地訪問。立地がいいので買い手は現れるが、家主や捨てられない女であったため内覧できる状態ではない。荷物はトランクルームなどに預けられると解決策を提示。

②もう1件、別件で、今の家を売って住み替えたいと考える男性と面談。家具が非常に少なく、必要最低限すら置かないミニマリストであることが判明。「生きるということはそぎ落とすということ」というポリシーの持ち主で、小さいワンルームを都心に買いたいというのが希望。

③実はこのミニマリストと歯科衛生士は交際していた過去があり、お互いにまだ恋心は残っていたものの、ミニマリストと捨てられない性格が相反したため別れていたそう。彼女は彼に物件を売却することを当初は嫌がっていたが、やがて焼けボックリに火がついたのか、君と一緒なら捨てられると意気投合。しかし、翌日また喧嘩するという変な展開に。

④実はこの時点で三軒家万智の頭の中には、この2人のよりを戻させて、例の極小住宅を売る作戦がすでにひらめいていたというもの。占い師に変装して占いでもよりを戻すような占いをする。

⑤落とし文句としては、「価値観の違う二人がその価値観を揺るがすことなく、共に暮らすには空間をきっちりとわける」ことができる物件と提案。それぞれのライフスタイルと哲学を貫けるように、片づけられない女は1階、ミニマリストは3階に住まわせるというアイデアに両者納得、購入に至るというもの。

 

⇒今回は偶然が重なったこともあり、三軒家万智の営業手腕が弱かったですが、「内覧を今からすぐにします」とか、「今日中に連絡します」とかスピード対応が多く、こういう姿勢が大事だと実感。

 

また、三軒家万智の基本思想として、「家を売るのは個人技」、「売るなら全部まとめて私が売ります」、「不動産屋になるために生まれてきた」、「不動産屋の仕事は家を売ることです」、「(よりを戻した後の2人の今後について)そんなこと私の知ったこっちゃあない」というものが作中で描かれていました。

 

家を売ること以外はあまり考えていない点が徹していて参考になりました。