28歳満点宅建士が不動産会社を開業する実況中継

宅建実務試験満点の宅建士が一味違った不動産会社を起業!

【不動産七不思議】不動産屋はなぜ高級腕時計をするのか?

  不動産ドラマ『家売るオンナ』のワンシーンでこのようなやり取りがありました。

 

 

「今日はエルメス好きのお客様だったのでエルメスのネクタイをしていきました。」

「何千万もする家を売るんだからそれくらいの演出は必要だな」

 

ネクタイなど、不動産の営業マンのイメージはけっこうギラギラしているというか、高級なものを身につけているイメージが強いです。

 

エルメスのネクタイをしている営業マンはあまり会ったことがありませんが、その代わりに、高級時計をしている営業マンは結構、身の回りにいます。

 

 

特に目にする機会が多いのが、ロレックス。

 

[ロレックス]Rolex サブマリーナ デイト 116610 メンズ 【並行輸入品】

[ロレックス]Rolex サブマリーナ デイト 116610 メンズ 【並行輸入品】

 

  

  

 

ロレックスは中古になっても価値が落ちにくいと聞いたことがあります。

 

 

また、オメガも有名ですね。 

  

 

タグホイヤーも聞いたことがあります。こちらはオメガやロレックスに比べると値段は安め?な印象です。

 

 

  

  

  

 

ブルガリはロレックス並みに有名な気がします。高級ですね。

 

  

  

  

 

 

個人的に一番好きなのは、フランクミュラー

 

ではなく、フランク三浦です。

 

 

特にご当地バージョンは結構貴重な気がします。どこのお店に行っても置いてない都道府県のご当地があり、ものによっては本家のフランクミュラーよりレアな気がします。

 

 

 

フランク三浦は置いておいて、ロレックスやオメガなど、値段を見ると安いものだと10万円から高いものだと80万円や100万円のものまであります。

 

100万円という金額をよく分析すると、だいたい3000万円のマンションを売買仲介すると片手で3%+6万円の手数料がもらえ、それが約100万円になります。

 

マンションのボリュームゾーンである3000万円台の部屋を1軒売ると、高級腕時計がちょうど買える値段なのです。両手仲介だと1500万円の部屋を1軒売ればいい計算です。中古ワンルームといったところでしょうか。

 

 

つまり売買仲介で典型的な部屋を成約させると、腕時計と同じ金額が手数料として身に入るのです。つまり、不動産屋を始めてから最初に売買が成約した記念として、高級腕時計を買っているのではないかということなのです!家を1軒売るのはとても大変なことですが、そのご褒美として初任給で高級腕時計を買っているのです!

 

 

不動産業界の七不思議が1つ解明されました!