28歳満点宅建士が不動産会社を開業する実況中継

宅建実務試験満点の宅建士が一味違った不動産会社を起業!

不動産で独立・開業! 不動産フランチャイズ

不動産屋を開業することを目指して、不動産フランチャイズを調べていたら結構な数のフランチャイズチェーンがあるのだとわかりました。

 

その中でも、見慣れたケインコスギの顔を発見して、センチュリー21のホームページにたどり着きました。ホームページをふむふむと読んでいると、なんとこの会社、アメリカ発のグローバル企業だったのですね!知らなかった!私だけ??

 

以下ホームページより:

センチュリー21は1971年にアメリカで誕生し、現在世界74ヶ国、地域に7100店舗、10万人の従業員数を擁する世界最大級の不動産仲介ネットワークです。日本では、83年に伊藤忠商事がアメリカ国際本部であるセンチュリー21・リアルエステートと提携し、大手金融機関に資本参加を得て、センチュリー21・ジャパンを設立しました。

fc21.net

 

センチュリー21以外にもいろいろな会社がフランチャイズを募集していました。

 

 

エイブル

www.able.co.jp

 

アパマンショップ

www.fcapamanshop.com

 

ピタットハウス

www.pitatnet.jp

 

ミニミニ

www.minimini-fc.jp

 

この中でも個人的にはエイブルとピタットハウスが結構好きです。エイブルは確か一番最初に引っ越ししたときにお世話になった会社で、ピタットハウスは水野真紀のCMが耳に残っていて印象がいいです。センチュリー21はアメリカの会社なので経営にうるさそうな勝手なイメージ。とりあえず資料を請求して横比較をしてみよう。加盟料金や入会金と、手数料への課金率がそれぞれ違うはずで、あとはサポート体制がどれだけ充実しているかがチェックポイントなのでしょうね。

 

自分でやってみてダメそうならこういう大きい看板を利用させてもらうのもありかもしれないとおもっています。