28歳満点宅建士が不動産会社を開業する実況中継

宅建実務試験満点の宅建士が一味違った不動産会社を起業!

不動産会社を開業する!

不動産が面白い

 

こう思ったのは仕事でたまたま不動産屋さんと一緒になったとき

 

建設関係の仕事をしていて、用地確保を担当していた不動産屋さんと打ち合わせをしていたときに、「用地の取りまとめで苦労している、あと1筆おさえないといけない、地主が会ってくれない」と嘆いていたのに、1ヶ月もすると「ようやく纏めましたよ!」とものすごい明るい顔で場の雰囲気を盛り上げてくれたのです。その不動産屋さんの達成感を私まで感じてしまいました。

 

地主は70代のおじいさん。娘に土地の話は全権委任しているということで、話を聞いてもらえず、本人は東京で結婚して主婦をしていると。東京まで出向いてなんとか打ち合わせまでできたのですが、旦那に聞かないと判断できないと。旦那はお堅い会社員で、不動産屋なんかには会ってくれそうになく、奥さんになんとか説得してもらって、ようやく会えても、所有者は義父、と明確なお話はできず。奥さんは売ってしまってもいいとは思うとは言ってくれるものの、登記上の所有者はおじいさんのお父さんで、相続の手続きもされておらず、まずはそこからしないといけないのに関係者がみんな腰が重い・・・

 

 

という複雑な案件だったのですが、なんとかその不動産屋さんが片づけてくれたのです。動いた金額もかなり大きかったらしく、この商談のあとハワイに行くと言っていました。

 

ごちゃごちゃしているのを解決して、ハワイに行けるなんて、面白そうな仕事だなあと思ったのがきっかけでした。

 

ただ、それだけで不動産屋をやろうと思ったわけではありません。

 

仕事上どうしても不動産の知識が必要だったのでいろいろな本を読んだり、不動産投資のセミナーに行ったりして勉強しているうちに、なんだか面白いなあとどんどん魅力に気付いていったのです。

 

仲良くなった不動産屋さんに有名物件や変な地主の話を内緒話で聞けたのも面白かった。

ジブリ千と千尋の神隠しにでてくるユバーバのようなおばあさんが最上階に住んでいるマンションとか、地主がかたくなに用地買収に応じずにその土地を避けるように完成した有名ビルの話などなど

もちろん暴力団がらみの土地もありますが、個人的にわくわくしていました。

 

そんなこんなで宅建の試験勉強を始め、なんとか昨年に一発合格し、開業を目指すべく、奮闘している最中です。

 

開業しているリアルな不動産屋さんの情報が少ないのでこのブログを書くついでに探してみようと思います。

 

不動産会社開業に向けてがんばります!